読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外赴任準備!

2016年秋からのアメリカ赴任に帯同する妻の準備ブログ。

海外赴任準備*LINEの電話番号を海外(アメリカ)の番号に変更する

さて、海外赴任準備*SIMフリーではないauのiPhoneにH2O WirelessのSIMを入れてアメリカで使う - 海外赴任準備!の記事にあるように、auを解約して渡米、アメリカで使える電話番号を入手した私ですが、一つ問題が。
そう、LINEに登録する番号を変更しなきゃいけないんですね。番号保管サービスを利用している場合はまだいいのかもですが、解約してしまったのでそのうち他の人が同じ番号を使うことになりますからね…

以下は私のやった方法ですが、試す場合は自己責任でお願いします。トーク履歴から何から何までそのまま引き継げました。

なお、前提は以下の通り

  • 日本で買ったauiPhoneにH2OのSIMを入れてアメリカで使用中
  • LINEは日本で解約した電話番号で認証して継続して使用

※ スタンプについての記載を修正しました。2017/2/1

事前準備

設定>アカウント>メールアドレス変更>パスワード変更
ログインするのに必要ですが、普段は使わないので忘れがち。電話番号の移行作業を行う前に確認しておきます。
不安ならFacebookとの連携をオンにしておくと更に安心。

  • トーク履歴のバックアップ

設定>アカウント>トーク・通話>トークのバックアップ
これをやっておくとiPhoneの場合はiCloudにトーク履歴が保存されるので、LINEを再インストールした場合でもトーク履歴を引き継ぐことができます。

  • 電話番号の変更をオンにする

設定>アカウント>電話番号>電話番号変更
LINEのセキュリティ上、ここをオンにしておかないと電話番号の変更が出来ないみたいです。

  • LINEのアプリを削除する

削除せずに変更出来ないか色々試しましたが、変更先の電話番号が日本で固定されており、アメリカの電話番号は登録出来ませんでした。

再設定

  • LINEのアプリを再インストール

日本のiTunesでもアメリカのiTunesでも、どちらからでもOK。私は日本のiTunesからダウンロードしました。

  • ログインする

事前に確認しておいたパスワードでログインします。

  • アメリカの電話番号を入力して認証

電話番号の入力画面で、既に国番号はアメリカが選択されていました。

  • トーク履歴の復元

認証が終わるとトーク履歴の復元画面がでてくるので指示に従います。

  • スタンプの復元

設定>スタンプ>マイスタンプ
購入したスタンプはここから復元できます。


おわり。

結果

  • 友だち、トーク履歴、スタンプいずれもそのまま引き継げた。
  • 電話番号はアメリカの電話番号に変更できた。
  • 日本の電話番号で登録されていた時に購入していたスタンプや、楽天などの無料の企業スタンプが全て消滅した。

スタンプも復元できました。無料の企業スタンプはありませんでしたが、これは期限が切れていたのかダウンロード出来ないのかは不明…。(2017/2/1修正)