読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外赴任準備!

2016年秋からのアメリカ赴任に帯同する妻の準備ブログ。

海外赴任準備*海外赴任とスマホ(auのiPhone6を使っている場合)

もはや生活必需品といえるスマホ
知らないところに行くのにGoogle Mapがないとか怖すぎる。。
海外赴任したらどうなるのか、調べてみました。

海外でスマホを買う。

普通に考えたらこれなんですが。英語力もないのに海外でスマホ買うとか大変そうじゃないですか。
しかもスマホ本体買うのにいくらかかるのか…安いのにしたとしても例えば5万円として、2人分で10万円!!
せっかく日本で高いお金払って使ってるスマホがあるんだから、有効活用したい!

日本のスマホをそのまま使い続けることは不可能ではない。が現実的でもない。

大手キャリアなら海外でも日本のスマホをそのまま利用できます。ただしパケット代が1日最大2,980円
数日間の出張や旅行ならまだしも(それでもポケットWi-fi借りたほうが安いと思われる)、海外で暮らし続けるなら現実的ではありません。。
特別な手続きがいらないのは簡単ですけどね。

www.au.kddi.com

日本で使ってるスマホに海外対応SIMカードを入れる。

日本で使ってるスマホSIMフリーなら、海外で使えるSIMカードスマホに入れれば使えます
調べるまで知らなかったんですが、「スマホ」はただの入れ物であって、通話やネット(データ通信)ができるのは「SIMカード」があるからみたいです。Wi-fi使えばスマホだけでもネットできますが。電話番号は「スマホ」本体じゃなくて「SIMカード」に紐づいてるとか。
でも私が使ってるのはSIMフリーではないauiPhoneなので、この手は使えません。。
最近はauでもSIMロックを解除できるようになりましたが、iPhone6は対象外です。iPhone6Sなら買ってから半年後以降はSIMフリーにできるみたいですが。

www.au.kddi.com

日本で使ってるキャリア版iPhone6SIMフリーにする(ファクトリーアンロック)

色々調べると、「SIMフリーにできないはずのiPhoneSIMフリーにすることができるサイトがある」ということが分かりました。
ファクトリーアンロックという方法で、口コミを調べると成功した人もそれなりにいるようです。
スマホ本体は手元に置いたままで、ネット上で申し込んでお金を払うと、いつになるかは分からないけどロックが解除されるようです。
ただしiPhone6で値段が28,800円。正体のわからないサイトに払うには少し高額です。

xiaolongchakan.com

SIMフリーiPhoneを買いなおす+今使ってるiPhoneを下取り

2016年4月、Apple storeで販売されているSIMフリースマホの値下げが発表されました。
その結果、iPhoneSEなら47,800円(税別)=51,624円(税込)と約5万円。
出来るかわからないファクトリーアンロックに28,800円払うなら、プラス2万円で新品買ったほうがいいような気もします。

www.apple.com

しかも今使ってるiPhoneを下取りしてくれます
私のiPhone6は26,400円で下取りしてくれるらしいので、iPhoneSEなら実質25,224円(税込)で入手できます
なんとファクトリーアンロックより安い!

www.apple.com

ただ、iPhone6→iPhoneSEになると画面が小さくなるので、それに耐えられるか…文字は打ちにくいけどWebを見るには6くらいのサイズが欲しいですね。
じゃあSIMフリー版のiPhone6を買うか?というと、67,800円(税抜)=73,224円(税込)、下取り出しても46,824円(税込)かかります。
今と同じスマホ買うのに5万円近く出すかっていうと。。

SIMフリーじゃないauiPhone6AT&TSIMカードを入れる。

さらに調べると、なんとau版のiPhoneだけ、アメリカでAT&TAT&Tの回線を使っているMVMOならSIMフリースマホと同じように使えるという情報が!
色々な口コミを見ても、使えるのは間違いないようです。ならこれでいいじゃん!

weekly.ascii.jp

KDDI au版iPhoneは、アメリカのAT&T、AT&T GoPhone、H2O、Net10(AT&T回線)、StraightTalk(AT&T回線)などのSIMでも使用できることが判明。 « アメリカより


アクティベーションとか準備は色々必要そうだけど、私はこれに決めた!auで良かった笑

実際にやってみた

実際にSIMフリーじゃないauiPhone6AT&T(実際はH2O Wireless)のSIMカードを入れて使ってみました。設定に関する記事はこちら。

cparie.hatenadiary.jp